グルメの「太陽」

料理はサイエンスであり、芸術であり、文化です。南イタリアでは、豊かな太陽や海や土壌のもとで、歴史的に様々な民族から支配を受けた結果、素晴らしいグルメ文化が生まれました。その味覚や香りの中に地中海の科学と芸術と文化が結集しています。

すべての料理はその土地と深い繋がりがあり、それぞれ長い歴史の中で少しずつ定着していった土地の特徴や伝統や作物を反映しています。いつの時代にも「グルメの国」として広く世界に認知されてきたイタリアでは、実際にワインと食事が大変重要な位置を占めており、上質のワイン、オリーブオイル、特産物が欠かすことができない素材となっています。

南イタリアでは、伝統料理の保護と価値の再認識に力を注いでいます。食品は頑なに伝統的手法を守った手法で作られます。多少のアレンジを加えることはあっても、伝統の味を歪めるようなことは決してありません。

現代の食品製造には一般的にどこでも近代的技術が利用されており、その利便性を否定することはできませんが、南イタリアの、特に美味しさを出すのに伝統的手法が重要な役割を担っているような料理においては、近代技術を代用することはありません。テクノロジーを介入させると、本当に美味しい伝統料理が出来ないからです。また南イタリアでは、よい素材がなくては美味しい料理は作れないと固く信じられています。実際、この素材へのこだわりを見るだけでも、人々がどれほど美食を大切にしているかがおわかりいただけることでしょう。

だからこそ、「ソーランダ」のグルメツアーでは、昔ながらの伝統料理や、上質ワインや特選オリーブオイルが堪能できる名レストランや穴場の店や民家を選りすぐってご案内いたします。

南イタリアのお料理とワインを味わうだけでも、イタリアまで足を運ぶ十分な価値があること請け合いです。