文芸の「太陽」

南イタリアは文化と美がぎっしり詰まった宝箱です。文学作品を生み出した多くの作家や劇作家や詩人が、この地域の芸術、歴史、風景、伝統、味覚などからインスピレーションを得ました。

文学散策ルートは、文学作品を生み出した作家がひらめきやアイディアを得た場所を巡る旅です。そこは歴史とイタリアの真の姿に出会える場所です。それらの場所は草原、島、街の一角、または一軒の家や台所、部屋など様々ですが、作家達がインスピレーションを得て不朽の名作の中に残したのです。

従って文学散策ルートとは、イメージを「喚起」し、「興趣」を探り、「文芸の目を通して」イタリアを見ることであり、それらを通してイタリアそのものやイタリア文化を深く探ることなのです。

ツアーでは、文学作品からその中に登場する場所へ、喚起から物へ、示唆から実際にその場所を目の当たりにした感動へと、あらゆる方向から少しずつ糸玉をほどくように作家達の感覚を辿っていきます。